季節にそったくらし

そこに薬膳をとりいれてみませんか?

 

『薬膳』と聞くと、難しく考えてしまいがちですが、

実は身近にあり、知らないうちに取り入れてる方も多いかも。

 

中国の伝統医学である中医学では、

食材は薬のように、体の状態を調整してくれる働きがあると考えています。

薬膳はこの考えに基づき、体調や季節に合った食事をすることで、

健康を維持促進したり、心身の不調を改善する食療法なのです。

 

冬は黒。

冬に弱りやすい「腎」の機能を養う食材は黒いものが多くあります。

黒豆、黒ごま、黒きくらげ、ひじきなどの海藻類など。

それに加えて、体を温める玄米や雑穀、根菜類、えび、鶏肉、ねぎ、しょうが

気の巡りを改善する柑橘類を一緒に取り入れてみましょう。

 

 

我が家の冷蔵庫には、黒豆が常備されています。

お正月のおせちだけでなく、一年を通して食べてほしい食材です。

腎の機能を高めるのはもちろん、

ポリフェノールが多く含まれるので、活性酸素を抑える抗酸化作用があり、

これが血液をサラサラにする力があるとして注目を集めています。

また、イソフラボンは女性ホルモンの働きを促進するため、

産後の不安定なホルモンバランスを整えると言われています。

 

つぶそらでもまた薬膳を取り入れたWSなど開催していきたいと思ってます。

お楽しみに♪

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

絵本紹介

Instagram やってます♪

https://www.instagram.com/tsubusora/

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM