季節にそった暮らし

そこに薬膳をとりいれてみませんか?

 

中国の伝統医学である中医学では、

食材は薬のように、体の状態を調整してくれる働きがあると考えています。

薬膳はこの考えに基づき、体調や季節に合った食事をすることで、

健康を維持促進したり、心身の不調を改善する食療法なのです。

 

梅雨は湿邪(しつじゃ)

日本の梅雨は、じめじめとしていて、水分が身体にも溜まりやすい時期です。

湿邪が入り込むと身体に余分な水分が溜まり、むくみやだるさ、重さを感じやすくなります。

普段から血行が悪くむくみやすいという人は、梅雨の時期に症状が悪化しやすいので注意しましょう。

 

この時期には余分な水分を取り除く食材、

利尿作用や発汗効果の高い食材、脾胃の働きを良くする食材が適しています。

代表的なものは冬瓜、生姜、とうもろこしなど。

とうもろこしは、皮ごと購入して、ひげの部分も食しましょう♪

炒めてもいいし、刻んでスープなどに入れてもいいですね。

 

誰もが不快感を感じる季節

少しでも快適に、健康に過ごせるように・・・

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

絵本紹介

Instagram やってます♪

https://www.instagram.com/tsubusora/

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM